基本は大事

先日ですが、スマホを見ていたら・・・「焼きそばの本来の作り方」的な物を拝見。

みなさん、焼そばって意外と適当に作ってたりしません?かく言う私はまさにそれでしたw


まあ、スーパーに行って「ん、今日は焼きそばにしようかな?」と思い、キャベツや豚バラなんかを取りそろえ3食入りの焼きそばを買うってのが通常ではなかろうかと思います。
無論、このルーチンは間違いではありません。食材としてはこれでOKです。

じゃ何が駄目なの?と思いがちですがそののちの調理の行程。


私の場合ですが
麺を水で晒してざるに放置。
豚バラと野菜を炒めて(油はゴマ油)塩胡椒をパパパと振りかけて麺を投入してさささと混ぜ合わせ付属の粉ソースを振りかけて完成。

・・・でした。すでにこの工程に間違いがあったこと。
え?どこが違ってるの?って私自身思っていました。

大体、鉄板焼き屋さんで「焼きそば」頼むとこんなルーチンじゃないでしょうか?

違いがあるとすれば粉ではなく普通の液体ソースを使うことくらい。
しかし本質はそこじゃなかった><
家で作る焼きそばの場合一番大事な部分は!!!

麺を大事にすること・・・

ここが一番重要だったんです><

先に述べたスマホの情報より

①麺はあらかじめ水またはお湯に晒して麺についている脂を落とす。
②先に麺を炒める(ごま油またはサラダ油で炒める)炒め終わったら別皿で
③次にトッピングたる豚バラ及び野菜を別に炒める。
④トッピングが炒め終わったら避けていた麺を投入。
⑤麺と混ぜ合わせソース投入。
⑥ある程度炒めたら完成。

たったこれだけ。

いざ、完成品を実食してみたら
「へ?今まで作っていた焼きそばなんなん?」ってくらい
麺もちもち、野菜シャキシャキ、喉越し抜群手くらいの雲泥の差。

たかが焼きそば、されど焼きそばを実感した一食でした。

次からはこの調理法が鉄板になること間違いなしです。

もしかするとインスタントの「焼きそば」もこの調理法であれば劇的変化もあるのかな?(あくまで袋めんに限ってだけど・・・カップ麺はそのままどうぞw)

追記:「そんなん普通やろ」とは決して言わないでねw私が間違っていただけですのでw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント