ちょっと失敗したかも・・・

以前、太陽光の草刈云々を書きましたが・・・
ある日、と言ってもすでに3カ月ほど前ですが
毎度のように財田町の草刈に赴き刈った草の焼却と残っていた集草に勤めていたら近所のおばちゃんらしき人が
「まあまあ、ありがとうな~綺麗にしてもろうて」と。
「ちょっと待っといて・・・」と言ってしばらくすると肥料袋いっぱいになろうかという量のスダチを持ってきてくれた。
「ちょっと一杯採れたんやけど良かったら」ってことで頂くことに。
しかしこの量、どうやってさばくか?ってくらい、半端ない量でした。

会社に戻りみんなで分け合うも半分くらい残った。
仕方ないのでうちに持ち帰ってどうするか思案して「クックパッド」で検索。
すると「スダチ酒」って手があることが判明。

まず焼酎を二種類購入(35度と25度)
次にもらったスダチをきれいに洗浄。(まわりに付いた異物とへたを処理)
35度の方はスダチを丸太のまま投入。こちらだとおよそ3カ月。
もう一方の25度の方は早く浸かる手法って事でスダチを半分にカットして漬ける。これだと1カ月程度で出来るそう。

で、昨年末。
ちょうど一カ月となったのでスダチを取り出して炭酸水で割って飲んでみた。
が!!!
えぐい!!!
そのままじゃあ飲めたもんじゃない。甘みよりえぐみが相当勝っているためちょっときつい飲み物となっている。
これでは・・・ということで、炭酸水ではなくサイダーで割ってみた。
ん♪これなら♪
ってくらい雲泥の差。
こちらの25度の方は4リットルの焼酎ってのがあったのとスダチが大量だったので同僚へのおすそ分けを考えて漬け込んだ。ただし、「炭酸水ではなくサイダーで割って飲んでな」と。
結局、みんなに分けて残った分が500mlくらい。
いまはたまにこれをいつものチューハイのの追加分としてたまに飲んでます。
これね↓
DSC_0991.JPG
見た目的には分かりづらいかもだけど、程よく色づいてて味もスダチがそこそこに香って美味ですよ。

で、三か月必要とされた35度の方もそろそろ漬けあがってるはずなのでぼちぼちかな~?と。
ただ、25度の方でも割り方によってはひどくへべれけになるほどで35度となるとどうなるのか不安です。
今の状態がこちら↓
DSC_0997.JPG
やはりというべきか、写真では色合いなんかが分かりづらいですね><
あとはどれだけスダチのエキスが出ているか?ですけど。
それに関してはまた後日w

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

がれ
2020年02月07日 16:48
出来上がり楽しみだね