久々に・・・いや、いつもと違う・・・

今日は指定休。
しかし歯の治療のため9:30の予約のため朝早くに目が覚める。
しかしそんな中、いつもと違う腰への違和感が・・・。
なんかこれまでに経験したことのない腰部より下の位置に鈍痛が走る。
ただ、これと言って動けないほどではない。
なんなんだ?こんなことは初めてだ。
しかもこれと言って思い当たる節はない。
もしかして寝がえりに失敗したのか?等など思いを馳せましたがどうすることもできないので今晩風呂に入ってストレッチするしかないってことで放置w
何より今日は下の娘からの切望からスマホを復活させるってミッションがある。
先日、修学旅行先でスマホをどこかに置き忘れついでに財布まで落としたバカ娘。
この際、休止していたスマホのため位置特定できずにいたため「これではなぁ」との思惑と「使えるようにして」っていう娘の思惑が合致して仕方なく復帰することとしました。
ただし、支払いは自分でやれって事でスマホ代金の引き落としはバイト代からの支払いとしました。

まあ、4月辺りからずっと家のwi-fiでなければネットに繋ぐことができなかったけどそれなりに何もなく穏便に済ませていたので「そろそろ良いか」ってことで今回休止を解除したわけです。
まあ、使いすぎようと機種変更しようとこれからは自分にすべて降りかかるんだから私は蚊帳の外。
また、休止って事で携帯番号を預かりって事で500円程度かかっていたのも無くなるって事で幾分auへの支払いが安く済む。いっそのこと上の娘の分も自分で支払わせようかと思う次第w

さて、話は打って変わって
今回、歯医者に赴き時間があるのでパチ屋へ出かけた。
最初、「仕事人 総出陣」か「ギンギラパラダイス情熱カーニバル」のどちらか悩んでいた。
まずトイレに赴き、甘デジコーナーに戻ると「仕事人」は若いアンちゃんが陣取っていたので「ギンパラ」に着座。しばらく打つもあまりにへそへの入りが悪いからどうしようかと悩むも、今日は何となく「ギンパラ」って思っていたので負け元(ただし2000円まで)って事で打ち続けていたら、たまたま2000円の出資で運よくあたりをゲット。これで1回当たったからいいかな~と思いつつギンギラチャンスに突入。このチャンス中に当たりが出ればSTに入るんだけど・・・ま、無理だわな~と思っていたらスルっと大当たりゲット♪予想を反しました。
しかもあれよあれよと終わってみたら16Rを数回ひいて持ち球3800発程度。
STを抜けて通常時に戻った時点で席を立ち換金したらプラス1500円となっていた。
先々週に引き続きプラス収支とはw

1500円とはいえプラスなんで~ってことで飯山のラ・ムーでお買いもの。
上の娘が早い春休みとなるので常備用のカップラーメンなどを買いあさる。
と、そういえばってことで
こちらは「藤原製麺」で唯一塩ラーメンが売られているのを思い出し二袋ゲット。
そう、インスタント袋めんとしては私の中で今トップに君臨する「藤原製麺」
コスモスでは「醤油」と「味噌」しか無く、ラ・ムーのみ「塩」が置かれているので。

で、今晩。
メインは藤原製麺の塩。
おまけとして厚切りベーコンが残っていたのでこれを焼いて酒の肴としました。
まず袋を見てみるとなんか違和感が
それが↓
DSC_09941.jpg
他の二種類と僅かながらパッケージの絵が違う。
DSC_09951.jpg
もしかして間違ったか?と思いつつ裏を見て製造欄を見るも「藤原製麺」と書かれている。
まあ、そんなことは些細なこと。
食べてみれば分かるやんって事でベーコンを焼きながら横でこの塩ラーメンを作ってみる。
DSC_0996.JPG
ほぼ、「素ラーメン」ではあるけれど。
唯一「葱」のみトッピング。
まず麺を啜る。納得。
次にスープを啜る。うんうん。
やっぱり藤原製麺だわ♪すべてに調和がとれている。
ほんと麺なんて「生麺」に近い食感。
大手が生麺に近い物を開発したっていうけど(丸ちゃん正麺、ら王等)はっきり言って数段上です。
いうなればほぼ生麺。
以前にも書いたけど、そんじょそこらの中華料理屋の麺なんて負けてしまうほどではないのではなかろうかとw
これがまたスープとの絡みが絶妙で、このままトッピング施して店で出しても誰もインスタントだとは思わないはずw
うちの社員に一度おすそ分けしましたがみんなが口をそろえて「これは美味い!!」って言うほどです。
まだ食べたことない人はぜひネット通販駆使してでも食べてみてください。
インスタントの概念が変わること請け合いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント