今度は被害者とは・・・

さてさて
タイトルから察すると何かあった?と思うかもしれませんよね?
そう、何かあったんです!!

本日下の娘が停学中ではありましたが丁度学年末テストと被っていてテストを受けるため朝早く学校に送り届けた次第です。
で、テストを受けた後、通常であればそのまま帰宅ではあるのですがなんといっても停学中の身。そのまま居残りで学習時間に割り当てられたわけです。
そんな中(以下は娘の説明から)、一室に停学中の人を集め自習ともいえる学習時間をこなしていたんですが、そののち先生から進捗状況をみるためかノートを持って来なさいとのことでノートを持って部屋を出て先生にノートを見せて部屋に帰ったところたまたま財布を確認したらお金がなくなっていたという経緯。
これに対して娘が先生に報告した。無論部屋にいた停学中の数人のうちの誰かが犯人であろうってことで持ち物検査等々を行ったけれど特定できず。
そこで先生も「警察に入ってもらおう」ってこで私に「事の顛末はそういったわけで警察に被害届を・・・」といった電話を頂いた。「先ほど娘さんを帰しましたので、家に着いたらお父さんの方に電話するよう伝えてますので」ってことで待っていましたが・・・待てど暮らせど電話がかからず・・・。
やっと自宅からかかってきたのが8時前。
娘「なー父さん、被害届け出してきたきん」
私「はっ?!!!」

思いもよらぬ行動に目が点になってしまった・・・。
よくよく聞いてみれば過去にも色々と問題を起こしていた子らしく犯人はその子に間違いないであろうという憶測から憤慨した娘はそのまま被害届を出しに行ったそうな。

ただ、その行動が下の娘らしく被害にあった高校であれば綾川の警察署に行くべきところを帰宅途中の琴平警察、しかも交番に出しに行った。無論交番では対応すべき事柄を上にあげるしかなく、結局色々と対応が済んだのが1時間半後。この点に関しては親である私と上の娘が「なんで綾川いかんのや!」とw

そののち上がった話題ってのが「自分がやった悪い事は自分にも降りかかる」ってことでした。
これまで姉のお金を取ったり物を盗んだり、勝手に浸かったりというのが日常茶飯事だったためここぞとばかりつついてやったらやっと理解できたみたいで・・・。
やはり自分に置きかえられる事象が起きないとダメみたいですねw

さて問題は、犯人が特定できるかどうかですが・・・指紋採取にはちょっと材質が取りづらいみたいで最悪犯人は特定できないかもってのが警察の言い分みたいです。

まあこの辺りは本人も納得してるみたいではありますが・・・

これに懲りて同じ事を家の中でやらなければ良いんですが・・・><

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック